カラオケ同好会

今や日本は世界一の長寿国といわれますが、「平均寿命」と日常生活に制限のない「健康寿命」との差は男性が9年、女性では12年(厚労省調査による)にもなり、その間介護が必要です。

最近高齢化が進む中、「フレイル」という言葉を目にします。「フレイル」とは高齢者の健康状態と要介護の間にある「虚弱状態」を指すそうです。「フレイル」予防の3本柱には、①運動、②食生活(栄養)、③活発な生活(社会参加)があり、ここでは「カラオケ」の効果として、①運動に属する「オーラルフレイル」すなわち口腔ケアに心がけることを高齢者の皆様とは共有したく存じます。

大きな声で大きな口を開け歌うことは、歯、舌、口周りの筋肉、喉など、口に関する機能の衰えを鍛え、噛む飲み込む力維持や食べこぼし・滑舌予防や誤嚥を防ぐことを養う効果があります。

大いに歌い、いつまでも健康を維持し人生100年時代自分らしき人生を送りたいものです。

 

ああああああああああああああああああああああああああああああああ世話人 西川 昭(昭和42年 経営卒)

 

ああああ

あああ令和4年8月7日 奈良バーバレラにて


このページのトップへ