2014年12月17日(水)と20日(土)の2日間にわたって、立命館宇治高校において、全国から集まった若手校友16名と立命館大学4回生13名が、「『自分』×『一歩』=未来の自分」をテーマに、2年生を対象としたキャリア教育講座「授業+R」を実施しました。この企画は、大学進学を控える高校2年生約300名に対して、若手社会人や内定者が講義を行い、大学に進学する意味は何か、学部選択の重要性とは何かを自らの経験を元に発表してもらうもの。17日(水)には立命館大学の学生が講師となって事前授業を開催し、20日(土)は社会人が講師となって授業が行われました。また、12月6日(土)と9日(火)には、事前授業で講師を務める大学生が集まり、高校生の立場で授業を模擬体験する模擬授業を行って企画に備えました。 続きを読む