立命館大学校友会

一覧

北斎の日新除魔図  2021年4月4日

葛飾北斎の作品に「日新除魔図」というものがある。最晩年の80歳代に、朝起きると、まず獅子(獅子舞なども含む)を描き、それから他の仕事を始めるという生活を続けたことがあった。その獅子図が「日新除魔図」と呼ばれるもので、現存する「日新除魔図」は250図くらいある。そのうちの219図は、近年、坂本五郎氏が九州国立博物館に寄贈し、現在同館の所蔵となった.重要文化財である。30cm余×20cm余のサイズの紙に、墨だけで獅子を描き、傍らにその日の日付を記したもので、北斎の自在な墨線が躍動する見事な作品群である。九博以外の展示を禁止するという面倒な条件が付いているが、公の機関に所蔵されたことで全図像が公開されたのは快挙と思う.今まではそのうちの4割くらいしか図が分からなかったので、研究が進まなかったのである。

少しずつではあるが、展示もされている。2月10日、219図中10図が展示されているというので、日帰りで九博に行ってきた.九博では、特別展「奈良 中宮寺の国宝」を開催していて、緊急事態宣言下なのに結構賑わっていた。ただ、私が見たいのは中宮寺の国宝ではなく平常展である。チケットを買おうとしたら、70歳以上は無料といる。70歳であると告げると、顔を見て、証明するものを示してほしいときた。複雑な思いで運転免許証を出すと、しげしげと顔を見比べて(マスクを付けています)O.K.が出た。ああ、年寄りの仲間入りをしたんだなとしみじみとした気分になった。

展示室で10図の「日新除魔図」を見て、旧知の研究員とお会いしたら、館長の島谷さんの部屋に連れて行ってくれた。別れ際、島谷さんは「日新除魔図」のカレンダーがあるから持っていけと言う。何図かしか掲載されていないカレンダーを頂いてもしょうがないと思い、一つでいいと言うと、そんなことを言わずと二つ持たせられた。ところが、帰ってからカレンダーを開いてみると、219図全図載っているではないか。かなり驚き嬉しくなり俄然やる気が出てきて、現在、「日新除魔図」の研究をしている。

「日新除魔図」は、墨だけでサッと描かれた私的な絵である。それを日新除魔と言ったのは北斎自身で、219図を与えた宮本慎助に添えた一紙には「日新除魔と号して朝な朝な描き捨た」ものと書かれている。「書き捨た」というのは一種の衒いで、実際には同居していた娘のお栄が保管していたことは間違いない。

「日新除魔図」は、宮本慎助に与えたもの以外に、本間北曜に与えたもの(現在、北斎館蔵)、小山田氏に与えたもの(小山田本と呼ばれる、小山田本には日付がない)があり、それ以外にも、大英博物館の6図など世界に散在していて、未だその全貌はつかめていない。

九博蔵の「日新除魔図」が描かれたのは1842年と1843年であり、今から180年ほど前になるが、毎朝、災いを除いてほしいとの祈りを込めて描いた1年余りの期間が、今の新型コロナウイルスによる閉塞した時代状況と重なって、感慨深いものがある。

大和美術館館長、あべのハルカス美術館館長
浅野 秀剛(S49 理工卒)

nisshinjyomazu

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ九州国立博物館蔵(「葛飾北斎日新除魔図図録暦」より複写)


このページのトップへ