立命館大学校友会

一覧

第93回報告 「医療に関するいくつかのメモ」2015年3月2日

2014年7月例会は山花郁夫さん(H1・法)に「医療に関するいくつかのメモ」と題してお話戴きました。
医学部は高偏差値であり大学受験の頂点と言っても過言ではない。 国家試験がある。
卒業後の研修医制の下、一人前になるのに10年掛かるようだ。 開業するには設備投資が必要。
一方、医療費総額38兆円(製薬・医療機器含む医療に関するすべての費用)の事業、市場規模である。
(パチンコ業界・市場の30兆円、トヨタ自動車の売上25兆円と比較しても飛び抜けて巨大ではない。)
市場は日本のみであり、当面老齢人口は増すがいずれ人口減による市場規模の縮小はあり得る。
また、医療行政は厚労省の規制下にある。 規制に守られた市場が、効いている環境下では良好な採算性を有するが、規制が緩み
供給過剰となると、とたんに不採算の現象が現れる。

このページのトップへ