top_img

立命館大学校友会 未来人材育成基金情報サイト GIFTWEB 立命館大学校友会東日本大震災復興支援情報サイト

TOPICS

[2018-11-13] 【立命館東京校友会企画「ユニバーサルマナー検定3級を取ろう!」のご報告】

10月13日(土) 14時より、東京校友会企画
「ユニバーサルマナー検定3級を取ろう!」を開催致しました!

検定受講者の年齢構成はさまざまで、最年少は校友のご子息12才でした。
(オブザーバー参加では、生まれて3ヶ月の校友のご息女が最年少でした。)

講師は、立命館大学OBの垣内俊哉さんです。
垣内さんは、ガイアの夜明けにご出演、TEDでのご講演など、ご活躍例を挙げればキリがありません。
ご多忙な垣内さんですが、「校友のためなら」と今回自ら講師をお引き受け頂きました。
誠にありがとうございます。

写真① (1)

(写真①)

まずは1時間の講座から。
ユニバーサルマナーの基本である、“高齢者や障害者など、
多様な方々と向き合うためのマインドとアクション”を勉強しました。
講座を受けてみると、普段の自分がなんてボンヤリ生活しているのかとビックリしました。
例えば、多目的トイレはどこにあるか、毎日使っている通勤圏内ですら思い当たらずという状態。
垣内さんの「自分にできる方法で向き合うことが重要」という言葉にはっとさせられ、
自分にできることの範囲を広げるために、普段から周りに気を配ることの大切さを実感しました。

その後は1時間の実践編ということで、ケースバイケースでの適切なユニバーサルマナーを
グループディスカッションしました。
「この方はどんなことに困っているんだろう」
「私に何ができるだろう」ということを考え、皆で共有して見識を広げました。

写真②

写真③

写真④

(写真②、写真③、写真④)

『迷わず!素直に!すぐ行動!』
『できることを、できる範囲で、できるだけ』

どちらも当日心に残った大切な言葉です。周りに対してさりげない配慮をできる、
素敵なOB・OGでありたいですね。

終了後は、垣内さんにもご参加頂き懇親会を開催しました。
ハロウィン間近ということで、大人気だった可愛いカップケーキを片手に、
皆さんの会社でのユニバーサルマナーの取り組みを話したり、
昔話に盛り上がったりと、1時間の茶話会はあっという間に過ぎました!

写真⑤

写真⑥

(写真⑤、写真⑥)

講師をお引き受け頂いた垣内さん、当日の司会をご担当下さった石川さん、
またご参加頂いた皆様に感謝致します。

(東京校友会 平井利枝)


新着情報一覧

このページのトップへ