2010年11月23日(祝)9時、リコネクト東海の「名鉄舞木検査場見学企画」が開催されました。

8時20分、各方面から名鉄の名電山中駅に集合。休日の朝からの企画であったものの、22名(名鉄本社・名鉄学園からの2名含む)が集まりました。朝の散歩を楽しみながら、名鉄舞木検査場までの徒歩約15分の道のりを経て、検査場へ到着。

RIMG1712 RIMG1695
RIMG1710 RIMG1701

名鉄舞木検査場の会議室に入り、この企画の実現にもご協力頂いた、
加藤幸夫 学校法人名鉄学園常務理事(1973年法)と、堀田大祐 名古屋鉄道株式会社総務部庶務・渉外担当課長(1991年経済)から、
「愛知県校友会南地区、名鉄グループ校友会を代表して、この企画の開催に感謝したい。これを機会に名鉄を身近に感じて欲しい。」と

挨拶があり、工場長からの概要説明の後、黄色の安全ヘルメットを被って、2班に分かれて工場見学に出発!
工場長をはじめ5名の工場関係者が先導して、工場内のあれこれを説明して頂きました。

工場内は、残念ながら撮影禁止…。
場内の光景を目に焼きつけながら、思い思いに質問をして見学会は進行。
特に、車体がリフトで持ち上げられ、目の前で下ろされる姿には釘付け状態。
終盤、場外にある引退した有名な赤一色のパノラマカーの前で記念写真を撮影して、
テニスコートの半分くらいを埋め尽くす展示車両を見て、始めの会議室へ。

質疑応答の後、お世話になった工場関係者の方々に御礼をして、1時間半少しの見学会は無事に終了しました。

【今回の企画で得た豆知識】
電車の車輪は1つで約20万円!
4年~6年は持つようですが、会社にとっての一番の消耗品とのこと。
1つの車両には8つ付いていて、1000台の車両を持っているというから、驚きの金額ですね!
みなさん、電車に乗ってエコに行きましょうね!

リコネクト東海では、これからも社会見学企画を検討中。
12月11日(土)には名古屋で忘年会が開催されますので、少しでも気になった人は、すぐに参加申込みを!

リコネクト東海の最新情報は⇒ http://alumni.ritsumei.jp/reconnect/?page_id=5